All Terrain Skate Cross Federation Logo
メニュー

ジム・デ・パオリ

Switzerland

Jim De Paoli

表示 ジム・デ・パオリ を応援しよう!

ジム・デ・パオリはスイス・ジュネーブで生まれ育ち、現在もこのスイスの首都に住んでいる。デ・パオリは2歳でテニスを学び始めて14歳までプレーを続けたあと、アイスホッケーに転向した。アイスホッケーについて、そのスキルよりもスピードの方がアイスクロスでの成長に役立っているとしているデ・パオリは、今もアイスホッケーファンで、フィットネスの維持も兼ねて週に4〜5日はリンクに出てプレーしている。デ・パオリがアイスクロス・ダウンヒルを初めて知ったのは2008年、スイス・ダボスで開催されたアイスクロス・ダウンヒルのレースに参加した時だった。そして、2010年にこのスポーツのワールドチャンピオンシップが正式にスタートすると、その1年後にはドイツ・ミュンヘンで開催されたレースで6位に入り、初の上位成績を記録。この結果に手応えを得た彼は、この新しいスポーツで成功するために全力を尽くすことを決意した。写真撮影が趣味で、オフシーズンを利用して友人やファンに自分の作品を公開しているデ・パオリは、アイスクロス・ダウンヒルのために世界各地を訪れることができる今の生活を楽しんでいる。また、デ・パオリはハードワークが結果をもたらすと信じており、「成功は強い気持ちがあれば手に入る」を信条にしている彼は、誰から何を言われようと自分の運命は自分が決めるものであり、成功したいという気持ちをどれだけ強く持てるかが何よりも重要だと考えている。