All Terrain Skate Cross Federation Logo
メニュー

ミリアム・トレパニエ

Canada

Myriam Trepanier

ミリアム・トレパニエは、素晴らしいパフォーマンスの数々とセントポールでの優勝により、2016-17シーズンを女子総合3位でフィニッシュした。

トレパニエは2014年からRed Bull Crashed Iceに参戦しており、デビュー戦のセントポールは4位でフィニッシュした。ケベックシティ付近のサン=ミッシェル=ド=ベルシャス出身のトレパニエは、兄を真似て6歳からアイスホッケーを始めると、2003年冬(女子アイスホッケー)と2005年夏(ファストピッチソフトボール)と2回に渡り、Canada Games(カナダ国体)に出場した。

2005年に英語の学習と大学進学のためにミネソタ州へ移住したミリアムは、ミネソタ大学ダルース校の女子アイスホッケーチームに所属し、NCAA D1(米国大学1部リーグ)でプレー。2008年にチームが全米ナンバーワンに輝くと、彼女もディフェンスとしてフローズンフォー(Frozen Four。NCAA全米アイスホッケー選手権の準決勝に進出した4チームの総称)のオールスターチームに選出された。ミネソタ大学で健康教育学の学士課程と環境衛生・安全学の修士課程を修了したトレパニエは、現在は同州内で学業を活かした仕事に就いている。

アイスクロス・ダウンヒルは、スケートとスキーという彼女の2つの情熱を同時に楽しめるため、2015-16シーズンのケベックシティで優勝した彼女にとってはパーフェクトなスポーツだ。トレパニエは「レーストラックを滑り下りるスリルに夢中なの。予選に初参戦した時から、このスポーツはわたしをずっと楽しませてくれている」と説明している。

また、トレパニエはアイスクロス・ダウンヒルに興味を持っている人たちに向けて次のようなアドバイスを送っている。「ハードにスケートして、思いっきり楽しむこと。あとは諦めないことね!」