All Terrain Skate Cross Federation Logo
メニュー

アマンダ・トルンゾ

USA

Amanda Trunzo

表示 アマンダ・トルンゾ を応援しよう!

アマンダ・トルンゾの2016-17シーズンは素晴らしい1年となり、マルセイユで2位、ユヴァスキュラ / ラージスでは優勝した。また、セントポールでも4位を獲得したが、シーズンフィナーレのオタワでは18位に終わり、ワールドチャンピオンシップはジャクリーン・レジェールに次ぐ総合2位で終えた。

トルンゾはダートマス大学の女子アイスホッケーチームのメンバーとしてNCAA Division 1(米国大学アイスホッケー1部リーグ)参戦中にRed Bull Crashed Iceと出会った。そして、Red Bull Crashed Iceの観戦中にカナダ人のチームメイトから、自分も参加すべきだとアドバイスされたトルンゾは、大学卒業後にこのスポーツへの挑戦を本格的にスタートし、それ以来、Red Bull Crashed Iceのトップライダーとして活躍している。2012年のケベックでデビューし、4位でフィニッシュしたトルンゾは、その後1年半に渡り参加を続けたが、大学のアイスホッケーチームのコーチに就任した関係でスケジュール的に参加が難しくなり、Red Bull Crashed Iceから2シーズン離れた。しかし、2015-16シーズンに米国代表チームとしてRed Bull Crashed Iceへの参加を要請されたことをきっかけに復帰を果たした。

2017-18シーズンのトルンゾは、再び表彰台フィニッシュを重ねて、米国人初の女子ワールドチャンピオンになることを狙っている。Red Bull Crashed Iceから離れている時は、高校のアイスホッケーチームの指導をしているトルンゾは、夏は愛犬2匹と湖畔で過ごす時間を大切にしている。