All Terrain Skate Cross Federation Logo
メニュー

Red Bull Crashed Ice

世界最速スケートスポーツを知るための基礎知識

Athletes compete in Edmonton

アイスクロス・ダウンヒル

アイスクロス・ダウンヒルは世界最速のスケートスポーツだ。世界最強のスケーター陣、熱気に満ちた雰囲気、魅力的な会場、延々と張られた一面の氷 - これらを全て組み合わせたものが、Red Bull Crashed Iceだ。Red Bull Crashed Iceのライダーたちは、ドロップやヘアピンターン、ギャップなどが数多く用意されている巨大アイストラックを最高時速80kmものスピードで滑走する。各レースにはワールドチャンピオンシップ・ポイントが設定されており、シーズン最多ポイントを獲得したライダーにワールドチャンピオンの栄冠が与えられる。

2001年の初開催以来、Red Bull Crashed Iceは世界トップレベルのスリルを誇るウィンタースポーツイベントへと成長を重ねてきた。最長600mのコースを4人のライダーがひしめき合いながら勝利を目指して滑り下りていくこのレースは、シケイン、ジャンプ、ローラーなどが配置された急峻なダウンヒルトラックが舞台になる。トラック上ではプッシングやスライディング、全力疾走など、ありとあらゆるアクションが展開されるが、ルールは至ってシンプルで、最初にゴールに到達したライダーが勝利を手にする。

雪山のスロープや市街地などに設置される極めて先進的なトラックで展開されるRed Bull Crashed Iceは、これまで延べ数十万人もの観客を集めてきた。初期はワンオフイベントとして開催されていたが、2010年以降は正式なアイスクロス・ダウンヒル・ワールドチャンピオンシップとして開催されている。

2017-18シーズントレーラー

Saint Paul

ライダーズカップ

ライダーズカップは、最速のスケートスポーツをさらなる高みへ押し上げようとしているトップライダーたちの努力そのものだ。ライダーズカップのトラックの中には、ライダーが地元のスキーリゾートや団体と協力して建造したものもある。ライダーズカップは "ライダーによるライダーのための" イベントで、アイスクロス・ダウンヒル・ワールドチャンピオンシップの一環として開催されている。ライダーズカップの多くは、Red Bull Crashed Iceの開催地付近で開催され、ローカルライダーたちがトラックデザイン・設営・運営を担当する。ライダーズカップのランキングはアイスクロス・ダウンヒル・ワールドチャンピオンシップからは独立しているが、各ライダーズカップ優勝者が獲得する250ポイントは、アイスクロス・ダウンヒル・ワールドチャンピオンシップのポイントに加算できる。つまり、ライダーズカップ優勝は、ワールドチャンピオンシップの優勝者が獲得する1,000ポイントの25%を獲得できることを意味している。

世界15カ国以上から集まるライダーたちは1年を通してトレーニングに励んでおり、ダウンヒルスキーからMTBまで、多種多様なバックグラウンドを持つ彼らは、Red Bull Crashed Iceとライダーズカップで切磋琢磨している。

トラック

アイスクロス・ダウンヒル・トラックの設営方法

ルール

2017-18シーズンの開幕に備えて、アイスクロスのルールを予習しておこう。下の映像には、アイスクロスに必要な装備、アイスクロス・ダウンヒル・ワールドチャンピオンシップのファイナル進出条件など、覚えておきたいルールやレギュレーションがまとめられている。

歴史

アイスクロス・ダウンヒル15年の歩み